最新情報/お役立ち情報

  1. HOME
  2. 最新情報/お役立ち情報
  3. 新製品情報
  4. 【新発売】 汎用冷凍手術ユニット フリーズスティックM 

【新発売】 汎用冷凍手術ユニット フリーズスティックM 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【新発売】 汎用冷凍手術ユニット フリーズスティックM 

【新発売】 

   汎用冷凍手術ユニット 
 
    フリーズスティックM シリーズ

 汎用手術装置におきまして、製造販売承認を取得しましたことをお知らせいたします。

① 汎用冷凍手術ユニット フリーズスティックM TypeP 

  (医療機器承認番号:30400BZX00097000)

② 汎用冷凍手術ユニット フリーズスティックM TypeB 

  (医療機器承認番号:30400BZX00099000)

 


1 汎用冷凍手術ユニットとは

  

この製品は、ジュールトムソン効果という物理的な現象を利用し、チップの先端を冷却、組織等を凍結することができます。

 凍結させるため熱により焼き切る電気加熱方式とは異なり、患者様への侵襲刺激が少なく、細胞や組織へのダメージを極力少なくして細胞や組織の除去することが可能です。

 また、亜酸化窒素ガスを使用することなく、炭酸ガスボンベにつなぐだけで凍結治療が可能です。物理的効果を利用しているため、電源は不要です。

ジュールトムソン効果とは、両側の圧力を一定に保ちながら膨張させた時に温度が変化することです。
本装置では、炭酸ガスボンベの圧を利用し、先端にて膨張した際にチップが冷却される現象を利用しています。

参考サイト:ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典


2 主な特徴1 - 広い凍結領域と持続性 -

 炭酸ガスボンベに接続するため、比較的長めの凍結処置が可能です。

 チップを処置場所により変えて、点凍結だけなく、線状、面状に広範囲に凍結することができます。

 また液体窒素を滴下するより、病巣箇所に確実に当てて安全により深く凍結処置ができます。

 ガスを直接患部に当てることもないため、不快感を軽減できます。


blog-cryotip.jpg



内部まで凍結していることがわかります



  

3 主な特徴2 - 選べる2タイプ-

  弊社では2つのタイプをご用意しております。

① 汎用凍結手術ユニット フリーズスティックM TypeP 
  TypePはプローベ形状がピストルタイプの装置です。
  ガス圧レギュレーターと一体になっており、持ち運びに便利です。



 ② 汎用凍結手術ユニット フリーズスティックM TypeB 
   TypeBのプローベは脱着式になっているため、プローベ全体の清拭消毒が容易に行えます。
   またフットスイッチにより、凍結と解凍(デフロスト)が調整できるため、両手で作業しながら、凍結・解凍ができます。



   TypeP製品詳細

   TypeB製品詳細

 

4 凍結の様子

 下記に凍結の様子をご覧いただける動画を用意いたしましたので、ご覧ください。
 30秒の予備凍結の後、凍結を行い、最後に解凍(デフロスト)しました。

5 お問合せ先 

 本製品の詳しい性能やカタログの送付、ご質問等がございましたら下記リンクからお問合せください。

  製品のお問い合わせ 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紙

各製品に関するは資料や御見積依頼は
こちらから

PC

採用に関するお問い合わせはこちらから

メール

メディアの商品お貸し依頼などその他のお問合せはこちらから